ホーム>スクールからのお知らせ>2017年2月

2017年2月

エクセル:週の第一営業日の一覧を取得したい

こんにちは、草加市のパソコン教室・エクサパソコンスクールです。

生徒さんからのエクセルに関する質問です。
※Excel2013で解説しています。

一年分の週の第一営業日の一覧を作りたいとの質問です。
土日は休みで通常は月曜が週の初めの営業日になります。
月曜が祝日や振替休日であれば火曜が第一営業日です。
あるいはゴールデンウィークや年始休暇等で第一営業日が火曜以降にずれ込むこともあります。

マクロは使わないで関数のみで作りたいとのことです。

作業列を使うことにしました。

完成例は次の通りです。

2017219174938.png

 

A列に祝祭日及び会社休業日の一覧を作ります。

セルC2には一年の初めの月曜日の日付を入力します。
セルC3に「=C2+7」の式を入力し、オートフィルで下にコピーします。
月曜日の一覧が作成できます。(例では途中で省略していますが年末まで作成してください)

セルD2に「=IFERROR(VLOOKUP(C2,$A:$A,1,FALSE)+1,"")」の式を入力します。
この式を表のD列からH列全体に貼り付けます。

セルJ2に「=MAX(C2:H2)」の式を入力し、オートフィルで一番下までコピーします。

これで、J列に週の第一営業日の一覧を作成することができました。
 

 

 

 

こどもプログラミング教室:本の紹介

こんにちは、草加駅そばのパソコン教室・エクサパソコンスクールです。

先日お伝えしたように、2020年から小学校でのプログラミングが必修科目になります。

それに伴ってかと思われますが、子供の習い事としてのプログラミングが人気になっています。

親御さんとしては、「プログラミング」っていったい何なの?という方も多いのではないでしょうか。

自分もやってみたいとか、昔挑戦したけど難しくて挫折したという方もいらっしゃるでしょう。

そういう方におすすめの本です。

「教えて♪ プログラミング まずはなんとなく分かることが大切よ!」

この本は、よくあるプログラミング言語の入門書のような難しいコードはいっさいでてきません。

プログラミングとは、目的達成のために「アルゴリズム」を作り、そのための「データ」を扱うものという全体像からはいり、

「アルゴリズム」とは目的達成のためのストーリーである。
「データ」の扱い方には4種類しかない。

という、プログラムの概要とそもそもプログラムって何?ということを日常の例に添って解りやすく解説してあります。

 

エクセル:数字を千単位で表示したい

こんにちは、エクサパソコンスクール(東武スカイツリーライン 草加駅東口徒歩3分)です。

生徒さんからのエクセルに関する質問です。
※Excel2013で解説しています。

データがセルに1単位で入力されているが、それを千単位で表示したいということです。

1,000,000(百万) を  1,000と表示したいということですね。

表示を変えたいセル範囲を選択して、右クリックします。

表示されたショートカットメニューから「セルの書式設定」をクリックします。

「セルの書式設定」ダイアログボックス表示されます。

「表示形式」タブを選択します。

「分類」リストの中から一番下の「ユーザー定義」を選択します。

右側の「種類(T)」の下の「G/標準」と書かれたテキストボックスに下のように入力します。

#,##0,;[赤]#,##0,;0

キャプチャー01

 

「123,456」は「123」と表示され、「123,456,789」は「123,457」、「499」は「0」と表示されます。

表示形式が千単位になっただけで、格納されているデータは一単位なので、計算も元の数字で実行されます。