ホーム>スクールからのお知らせ>2016年7月

2016年7月

エクセル:表を一行おきに塗りつぶしたい

こんにちは、草加のエクサパソコンスクールです。

エクセルで表を作って次のように一行おきに塗りつぶしたいことがありますよね。
そういうときには、どうしていますか?
一行ごとに丁寧に選択している方が多いと思います。

ここでは、「条件付き書式」を使う方法をご紹介します。

これだと途中の行を一行削除しても塗りつぶしは一行おきのまんまです。
行の追加も簡単にできます。

201673118131.png

 

表全体を選択します。

「ホーム」タブ → 「スタイル」グループ → 「条件付き書式」ボタンをクリック。

2016731181537.png

 

「新しいルール」をクリック。

2016731181748.png

 

下の「新しい書式ルール」ダイアログボックスが表示されます。

2016731182026.png

 

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリック。

2016731182241.png

 

「次の数式を満たす場合に値を書式設定(o):」の下のテキストボックスに

「 =iseven(row()) 」と入力して「書式」をクリックします。

2016731182748.png

 

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

201673118325.png

 

「塗りつぶし」タブをクリックします。

2016731183419.png

 

ここでは、黄色に塗りつぶすことにします。

背景色の黄色をクリックして「OK」をクリックします。

2016731183645.png

 

「書式ルールの編集」ダイアログボックスが表示されます。

「OK」をクリックします。

2016731183919.png

 

表が一行おきに塗りつぶされました。

2016731184713.png

 

【補足】

ISEVEN関数:偶数かどうかを判断  奇数は ISODD関数

ROW関数:行番号を返す。

表が広大だと条件付き書式を使うともたつきを感じるかもしれません。
そういう場合は、VBAでマクロを組んで更新してあげるといいと思います。

 

 

ワード:切り取り線の簡単な作り方

こんにちは、埼玉県草加市のエクサパソコンスクールです。

みなさんは、ワードで次のような切り取り線を作るときどのようにして作っていますか。

201672813417.png


ページ罫線を引いて、テキストボックスをのせるとか、図形で点線を引くとかが一般的ではないでしょうか。

これは、結構面倒ですよね。

ここでは、もっと簡単な作り方を紹介します。


まず、日本語をオフにして半角のハイフンを行の5分の2くらいまで入力します。
2016728131113.png


「切り取り線」と入力します。

2016728131238.png


前の点線部分(ハイフン)を選択してコピーします。

201672813147.png

 


「切り取り線」という文字の後ろをクリックします。

2016728131533.png


「貼り付け」ボタンをクリックします。

2016728131630.png


カーソルが張り付けたハイフンの後ろになる状態で、「段落」グループの「均等割り付け」ボタンをクリックします。

201672813242.png


できあがりです。

201672813417.png

どうです?簡単でしょう。

一度覚えてしまえばとても簡単に作ることができるようになります。

 

ワード:ページ番号を途中から振り直す

こんにちは、埼玉県草加市のエクサパソコンスクールです。

アクセス解析をみていたら、「教えて!goo」の http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1846037.html から来ている人をたびたび見かけます。

そのページは


Wordで論文を作成しており、本文以外のページ(表紙と目次数ページ)のみフッターのページ番号を変えたいのですが、どうしたらよいでしょうか。

具体的には、
表紙:ページ番号なし
目次:i ii iii・・・
本文:1 2 3 4・・・
としたいと考えています。1つのファイルでできる方法を教えてください!

というものでした。

そこで回答した方が、エクサパソコンスクールの以前のホームページに内にある「今日の質問」で答えを見つけてリンクを貼っていたようです。

ホームページのリニューアルにともないそのページにはアクセスできないと思います。

回答のワードのバージョンも古いのでWord2013で改めて作り直してみました。

 

Q.

50ページある書類で1ページから3ページは目次です。目次には、目次用に1から3ページのページ番号を振り、4ページ目からページ番号をまた1から入れることはできますか。

 

A.

セクションの区切りを使えば、同じ文書内で異なるページ設定をすること可能です。

目次と本文には、違う形式のページ番号を振ることにします。

 

セクション区切り:

3ページ目の目次の最後にカーソルを移動 → 「ページレイアウト」タブ → 「ページ設定」グループ → 「セクション区切り」の「次のページから開始」をクリック

 

ページ番号の挿入:

 

(目次のページ番号)

1ページ目にカーソルを移動 → 「挿入」タブ →「ヘッダーとフッター」グループ → 「ページ番号」ボタンをクリック 目次用のページ番号をクリック

 

(本文のページ番号)

4ページ目にカーソルを移動 →「挿入」タブ →「ヘッダーとフッター」グループ → 「フッター」ボタンをクリック → 「フッターの編集」をクリック

「前と同じヘッダー/フッター」ボタンをクリック(フッターが前のフッターと同じではなくてもよい状態になる)

 

「挿入」タブ →「ヘッダーとフッター」グループ → 「ページ番号」ボタンをクリック 本文用のページ番号をクリック

 

本文の1ページ目にはページ番号の4が振られている

「デザイン」タブ → 「ヘッダーとフッター」グループ → 「ページ番号」ボタンをクリック → 「ページ番号の書式設定」をクリック → 「ページ番号の書式」ダイアログボックスが表示される

「連続番号」の「開始番号」をクリックし、値を1にする。 OKをクリック

 

いかがですか?
探している方が、うまくここをご覧になっていただければよいのですが。

グーグルパノラマビュー

グーグルのパノラマビューを作成いたしました。

エクサパソコンスクールの教室の中を360°見ることができます。

「エクサについて」http://www.active-network.jp/contents/about/exa/ のページにもリンクが張ってあります。

床から天井まで見えてびっくりです。
いろいろな機能も追加できるみたいなので、時間を見つけて更新していこうと思います。
パソコンの方は、右上の「FULL」ボタンをクリックしてみてください。

 

Youtube インサイトビュー公開

エクサパソコンスクール(埼玉県草加市)の教室内の様子をYoutubeのインサイトビューで公開しています。

おしゃれで落ち着いた教室の雰囲気をご覧ください。



 

2016年7月 ロボット教室

7月のベーシックコースは、人力車ロボット「ウォーカータクシー」です。

ウォーカータクシーの写真

2足歩行についても学習します。

静歩行と動歩行というのがあります。

静歩行とは重心の路面への投影点が左右いずれかの足の裏に位置するような歩行法です。
静歩行の静は、静的安定の静のこと。静的に安定なのでどこで停止しても転倒することが無いが、床面が常に平面でなければならないなど環境に制約が多い。 

動歩行は重心の路面への投影点が足の裏から外れる歩行方法のことです。人間などが行う歩行もこれに入ります。
動歩行の動は動的安定の動で、動的には安定だが静的には不安定という意味であり、運動量を打ち消してから歩行動作を停止しないと転倒してしまいます。制御は難しいが、でこぼこ道など条件の悪い環境にも対応できます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

 

ミドルコースは、キックロボット「シュート君」です。

人間のように足を上げてものを蹴る動きを再現したロボットです。ギアの回転を足に伝えて、ものを蹴る動きに変えています。
また、足に連動して腕や胴体が動きます。

シュート君の写真1  シュート君の写真2